JR東日本が次世代型全自動コーヒーマシン「ロボバリスタ“Ella エラ”」のテストマーケティングを東京駅と横浜駅で開始!!エキナカで本格派高品質のコーヒーを

②施設情報

JR 東日本は、Crown Technology Holdingsと連携し、同社が開発したロボバリスタ「Ella(エラ)」を活用した新たなコーヒーサービスのテストマーケティングを開始します。

テストマーケティングでは、株式会社 JR 東日本クロスステーションと連携し、駅や鉄道をご利用のお客さまに対し、コーヒーのモバイルオーダーによる新感覚の顧客体験の提供と、コロナ禍で変化したエキナカコーヒーの新たな需要調査を行
います。また、飲食店経営の省人化効果について検証するため、東京駅と横浜駅の 2 駅でロボバリスタを活用した本格派高品質のコーヒーサービスを提供し、ロボバリスタ「Ella」を活用し、駅でコーヒーを素早く、手軽にご利用できる質の高いサービスを目指します。

1.テストマーケティングの概要

(1)ロボバリスタ「Ella」

Crown 社が開発したロボバリスタ Ella は、バリスタが行う一連の作業を無人化しています。搭載されたロボットアームにより、全自動で良質なコーヒーをお客さまに提供します。今回のテストマーケティングでは、東京駅銀の鈴広場には、完全自動でスタンドアローン型の Ella X、横浜駅 JRE MALL Cafe にはインテグレーション型の Ella Y を導入し、カフェオペレーションの効率化に関する効果を検証します。Ella 心臓部に搭載するコーヒーマシンは、デロンギ社の業務用マシンを採用しています。近年の本格コーヒーへの関心の高まりもあり、「Ella が淹れるコーヒーも質の高いものにしたい」という開発チームの思いから搭載を決定しました。日本の消費者の好みに合わせた味の調整を行い、ブラックメニューだけではなく、滑らかな泡立ちが特徴的なカプチーノ等のミルクメニューもお選びいただけます。

(2)実施期間および場所

(3)「Ella」の利用方法について

専用のアプリケーションをダウンロードして行うモバイルオーダー(クレジットカード決済)か、現地のタッチパネルで直接オーダーするタッチオーダー(Suica など交通系電子マネー決済)にてご利用いただけます。Ella 専用アプリケーション(「Ella」)をご利用いただくと、特別価格で簡単に注文いただくことができます。アプリケーションについては 12 月 8 日(水)リリース予定です。

【オーダー方法】
① ドリンクを選択する。
② QR コードが発行される。
③ ドリンク完成の通知を受け取る。
④ QR コードを Ella にかざしてドリンクを受け取る

(4)販売商品(メニューリスト)

2.パートナー会社

(1)株式会社 JR 東日本クロスステーション

2021 年 4 月 1 日に、JR 東日本グループ 4 社が一つになり、「株式会社 JR 東日本クロスステーション」 (略称:JR-Cross)としてスタートしました。「NewDays」などのコンビニエンス事業や専門店事業などを展開するリテールカンパニー、「いろり庵きらく」「ベックスコーヒーショップ」や「駅弁屋」などの飲食・食品製造事業を中心に展開するフーズカンパニー、「From AQUA」などの飲料商品開発や自動販売機事業を行うウォータービジネスカンパニー、「ecute」や 「GRANSTA」などのエキナカ商業施設を展開するデベロップメントカンパニーの4つのカンパニーで構成されています。

(2)デロンギ・ジャパン株式会社

Ella の中枢を担うコーヒーマシンユニットは、デロンギ・ジャパンの取り扱う業務用ブランドEversys(エバシス)の業務用大型フルオートコーヒーマシン「カメオ C’2m」です。本格的なエスプレッソ抽出をベースに多彩なメニューを提供できるのが特徴です。デロンギ・ジャパンは、イタリアに本社を置く家庭用・業務用小型家電を製造販売する De‘Longhi(デロンギ)の日本法人です。

タイトルとURLをコピーしました