横浜港「水上消防救助部隊 」発隊から 1 年が経過

横浜港では大型クルーズ船の寄港か増え、またコンテナ船の大型化が進んでおり、安全・安心な港づくりの為に、平成 31 年4月1日(月)
「水上消防救助部隊」が誕生し1年が経過しました。

迅速に救助

以前の水難救助隊は、海上の検索ポイント付近の岸壁等まで消防車両で移動し、その後潜水員が海上の検索ポイントまで泳いで向かい、人命検索活動を行っていました。
救助艇に潜水員が乗船して出場可能としてからは、海上の検索ポイントに到着と同時に人命検索を開始 できるようになり、出場指令から検索開始までの時間が短縮されました。

横浜ベイブリッジからの飛び降りが原因と思われ、潜水員による検索活動が必要な水難救助事案は、過去3年間で7件発生しています。昨年度も計3件の事案が発生 しましたが、部隊発隊による初動の迅速化により 2件の事案で要救助者が水中に沈む前に発見、救出することができました 。

karahiro

.NEWS3サイトの発行元

広告収入目的のwebサイト乱立による情報過多や、ロシアによるウクライナ侵攻をきっかけに皆の目が“情報の出処”にも行く様になったでしょう

当サイトは「書き手がバイアスを掛ける事なく当事者が出した内容をそのままに」を理念としており、また以前熱海でカフェ店を運営していた際に感じた“情報に対する不正確さ不公平さ”を反面教師として発行を開始

当初はドメイン・サーバー代を賄う程度にAdSense広告を入れてたが仮に1円でも得ていたら説得力に欠けるし、自分の理念に時代が少しはマッチして来たかなと感じこれを契機に広告を全て撤廃し自信もって「金が目的ではない」を謡う

※詳細説明は個人blogにて

おすすめ記事