マレーシアのベルジャヤがグローバルラグジュアリーホテルや水族館・スパ・プールなどをみなとみらい21中央地区62街区に2026年竣工!

横浜市はみなとみらい21中央地区62街区に、マレーシアのコングロマリット企業のベルジャヤが、丸紅株式会社と大和ハウス工業株式会社と共に、グローバルラグジュアリーホテルや水族館・スパ・プールなどを新設し、2026年に竣工予定であることを発表しました。

みなとみらい21中央地区62街区

横浜市が所有するみなとみらい21中央地区62街区を、令和元年10月から開発事業者公募を実施してました。そしてこの度、横浜市が事業予定者を決定した事を発表しました。今後、提案内容に基づき土地活用が行われることで、みなとみらい21地区に新たな魅力が生まれ、さらなる集客とにぎわいの創出による街の活性化が期待されます。

ベルジャヤとは

今回この事業の代表企業となったベルジャヤは、1984年にマレーシアで創業されたコングロマリットの1つで、グループは主に不動産投資開発、宝くじ、金融(損害保険)、飲食業、旅行産業、ホテルやリゾートの開発運営を行っています。創業者はヴィンセント・タンで、従業員17,000人以上を擁してます。マレーシアのセブンイレブン、ウェンディーズハンバーガー、スターバックスコーヒーなども、ベルジャヤグループがマレーシア国内でのフランチャイズ権利を持ち展開してます。

開発の予定

事業概要

グローバルラグジュアリーホテル&ホテルコンドミニアム、水族館、店舗の新設

建物概要

今後のスケジュール(予定)

令和 4 年(2022 年)10 月 着工
令和 8 年(2026 年) 3 月 しゅん工

karahiro

.NEWS3サイトの発行元

広告収入目的のwebサイト乱立による情報過多や、ロシアによるウクライナ侵攻をきっかけに皆の目が“情報の出処”にも行く様になったでしょう

当サイトは「書き手がバイアスを掛ける事なく当事者が出した内容をそのままに」を理念としており、また以前熱海でカフェ店を運営していた際に感じた“情報に対する不正確さ不公平さ”を反面教師として発行を開始

当初はドメイン・サーバー代を賄う程度にAdSense広告を入れてたが仮に1円でも得ていたら説得力に欠けるし、自分の理念に時代が少しはマッチして来たかなと感じこれを契機に広告を全て撤廃し自信もって「金が目的ではない」を謡う

※詳細説明は個人blogにて

おすすめ記事