横浜市が「オンライン横浜マラソン」を開催!エントリーは10/1から先着順で開始

横浜市では新型コロナウイルス感染症の影響により「横浜マラソン2020」は中止となりましたが、このような状況でもランナーの皆さんにご参加いただけるイベントの実現を目指し、「オンライン横浜マラソン」を開催する事を発表しました。

自分の走力に応じて3種目(フルマラソン、ハーフマラソン、10km)の中から選択することができ、開催期間内(2週間)であれば規定の距離を何日かかっても問題ありません。初心者の方から経験者まで気軽にご参加が可能です。また参加賞としてオリジナルリストバンドが配付されますので、ぜひ着用して完走を目指しましょう!また、特別企画としてフォトコンテストも同時開催します。コース上であなたが見つけた素敵なスポット等をぜひ写真に収めてご応募ください。表彰者には副賞のチャンスがあります。2020年秋の思い出として、「オンライン横浜マラソン」で特別な時間を過ごしましょう!

オンライン横浜マラソン(第1回)

主催
横浜マラソン組織委員会

開催期間
2020年11月1日(日)0:00 ~ 11月14日(土)23:59

種目
フルマラソン(42,195km)、ハーフマラソン(21,0975km)、10km

募集人数
合計2,000人(先着順)
フルマラソン(1,000人)、ハーフマラソン(500人)、10km(500人)
※定員に達し次第、申込受付終了となります。

参加料
税込2,500円(別途、申込手数料220円)

募集期間
2020年10月1日(木)12:00 ~ 10月23日(金)23:59

参加資格
・スマートフォンをお持ちの方で、GPSトレーニングアプリ「TATTA」をダウンロードできる環境下にあること
・日本国内在住(外国籍の方も含む)の方で、フルマラソン、ハーフマラソンは2005年(平成17年)4月1日以前生まれの方、10kmは2014年(平成26年)4月1日以前生まれの方
・新型コロナウイルスへの対応状況を踏まえ、それぞれの地域で安全・安心に走ることができるタイミングと環境があること

申込方法
エントリーサイト(RUNNET)からインターネットによる申込 https://runnet.jp/
※「オンライン横浜マラソン」で大会検索してください。
※RUNNETの会員登録が必要です。

参加方法
事前にGPSトレーニングアプリ「TATTA」をインストールしてRUNNETとの連携を行い、開催期間中にエントリー種目の距離を完走してください。 また、参加にあたっては、「申込規約」をよくお読みのうえ、ご参加ください。

ランキング・表彰
ランキング発表、表彰は行いません。

参加賞
・オリジナルリストバンド
・参加者の中から抽選で特別賞をプレゼント
※特別賞の商品等については、Tシャツやランニングシューズ等を予定しています。決まり次第大会公式サイト、SNS等で公表します。

完走特典
・完走者全員に「デジタル完走証」を提供
・完走者の中から抽選で50人に次回開催予定の横浜マラソン(フルマラソン)出走権をプレゼ ント
※参加料及び事務手数料が必要です。
※当選者には、11月下旬(予定)に横浜マラソン組織委員会事務局よりメールにて当選のお知らせをお送りいたします。

大会オフィシャルサイト
https://yokohamamarathon.jp/online/

karahiro

.NEWS3サイトの発行元

広告収入目的のwebサイト乱立による情報過多や、ロシアによるウクライナ侵攻をきっかけに皆の目が“情報の出処”にも行く様になったでしょう

当サイトは「書き手がバイアスを掛ける事なく当事者が出した内容をそのままに」を理念としており、また以前熱海でカフェ店を運営していた際に感じた“情報に対する不正確さ不公平さ”を反面教師として発行を開始

当初はドメイン・サーバー代を賄う程度にAdSense広告を入れてたが仮に1円でも得ていたら説得力に欠けるし、自分の理念に時代が少しはマッチして来たかなと感じこれを契機に広告を全て撤廃し自信もって「金が目的ではない」を謡う

※詳細説明は個人blogにて

おすすめ記事