自宅にいながら球場の雰囲気を味わいながら野球観戦!!「バーチャルハマスタ」第3弾は3/30日

クラスター株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役CEO:加藤直人、以下「クラスター」)が運営するバーチャルSNS「cluster」にて、株式会社横浜DeNAベイスターズ(本社:横浜市中区、代表取締役社長:岡村 信悟、以下「横浜DeNAベイスターズ」)とKDDI株式会社(本社:東京都千代田、代表取締役社長:髙橋 誠、以下「KDDI」)が、横浜DeNAベイスターズの本拠地横浜スタジアムでの開幕戦である2021年3月30日に行われるプロ野球公式戦「横浜DeNAベイスターズ対東京ヤクルトスワローズ」において、自宅にいながら球場の雰囲気を味わい野球観戦が楽しめる「バーチャルハマスタ」を実施することをお知らせいたします。

「バーチャルハマスタ」第3弾となる今回は「cluster」上で体験いただけるエリアを横浜公園ライト外周エリアまで拡張し、ゲストによるトークイベントを新たに行うほか、同日に現地で実施する「OPENING SERIES 2021」オープニングセレモニーと連動した演出や試合中のファン参加型演出を「cluster」上でお楽しみいただけます。
ゲストには、インパルス堤下敦さん、横浜DeNAベイスターズOBである小杉陽太さんに加え、野球YouTuberのトクサンさん、ライパチさんの計4名が登場し「バーチャルハマスタ」を盛り上げます。

「バーチャルハマスタ」について

横浜DeNAベイスターズとKDDIによる「cluster」での「バーチャルハマスタ」実施は本イベントで3回目となります。2020年8月にファン同士が気軽に集い、バーチャルならではの演出で野球観戦がさらに楽しくなる「バーチャルハマスタ」を提供し、随時機能を拡張してきました。
▶イベント実績:https://cluster.mu/u/baystars

「バーチャルハマスタ」第3弾内容

1.概要
「cluster」上にもうひとつの「横浜スタジアム」を構築し、お客さまはご自宅からスマートフォンやパソコン、VRデバイスを使って「バーチャルハマスタ」に来場できます。
また、オリジナルのアバターを使って「バーチャルハマスタ」内を自由に動き回りながら、多くのファンと一緒に応援とコミュニケーションを行い球場の雰囲気を楽しめる次世代型のスポーツ観戦です
2021年3月30日に実施する「バーチャルハマスタ」第3弾では以下をお楽しみいただけます。

(1)体験エリアの拡張(横浜公園ライト外周エリア)
従来の横浜スタジアムゲート入り口、横浜スタジアム内コンコース、グラウンドの3エリアに加え、横浜公園ライト外周エリアを追加し、横浜公園内の「水の広場」「DREAM GATE」「BALLPARK BURGER &9」など、より現実に近い外観をお楽しみいただけます。さらに、横浜公園ライト外周エリアでは試合前にOBやゲストによるトークイベントも実施します。

水の広場周辺水の広場周辺

公園内のステージ公園内のステージ

(2)『OPENING SERIES 2021』オープニングセレモニーとの連動演出
横浜スタジアムの現地で開催する「OPENING SERIES 2021」と連動した演出を「バーチャルハマスタ」専用の演出で再現します。横浜DeNAベイスターズ2021年シーズンの新しい応援演出である「YOKOHAMA CLAP」もお楽しみいただけます。

(3)ファン参加型演出
試合中のイニング間に実施する「バーチャルハマスタ」限定の演出として、OBやゲストとのクイズコーナーに加え、スタージェット(風船)を飛ばす演出など、ファン一体となってお楽しみいただける参加型演出が実施されます。

クイズコーナーの様子クイズコーナーの様子

スタージェットの演出スタージェットの演出

2.ゲスト
インパルス・堤下敦さん
横浜DeNAベイスターズOB 小杉陽太さん
野球YouTuber トクサンさん ライパチさん

3.利用料金
無料
※一部コンテンツは有料になります

4.実施日
2021年3月30日 午後5時30分~試合終了後30分程度

5.イベントURL
https://cluster.mu/e/9bb04435-bae9-404e-a771-b5e30b25b107

karahiro

.NEWS3サイトの発行元

広告収入目的のwebサイト乱立による情報過多や、ロシアによるウクライナ侵攻をきっかけに皆の目が“情報の出処”にも行く様になったでしょう

当サイトは「書き手がバイアスを掛ける事なく当事者が出した内容をそのままに」を理念としており、また以前熱海でカフェ店を運営していた際に感じた“情報に対する不正確さ不公平さ”を反面教師として発行を開始

当初はドメイン・サーバー代を賄う程度にAdSense広告を入れてたが仮に1円でも得ていたら説得力に欠けるし、自分の理念に時代が少しはマッチして来たかなと感じこれを契機に広告を全て撤廃し自信もって「金が目的ではない」を謡う

※詳細説明は個人blogにて

おすすめ記事