横浜ロイヤルパークホテルが地上70階からの絶景を個室から楽しむ事ができる「プライベート空間で過ごすスカイアフタヌーンティー」プランの販売開始へ

横浜ロイヤルパークホテルは、最大9名様が個室でのアフタヌーンティーを楽しむことができる「プライベート空間で過ごすスカイアフタヌーンティー」プランの販売を2021年6月11日(金)より開始します。

70階からの絶景が望める個室

会場はホテル最上階、70階からの絶景が望める個室をご用意。お子様を含むママ友の集まりや女子会も、周りを気にせずパティシエが腕を振るうスカイアフタヌーンティーをご堪能いただけます。
メニューは“地産地消”をテーマとし、スイーツとセイボリーの一部に神奈川県産の食材を使用。紅茶は小田原の茶畑で農薬を一切使わず、有機と無施肥栽培でとれた如春園の「こゆるぎ紅茶」をウェルカムティーとしてご用意いたします。外食はしたいけれど、なるべく人との接触を避けたい方にピッタリのプランです。

地上70階からの絶景を眺めながら「プライベート空間で過ごすスカイアフタヌーンティー」地上70階からの絶景を眺めながら「プライベート空間で過ごすスカイアフタヌーンティー」

■プラン名:「プライベート空間で過ごすスカイアフタヌーンティー」

<料理メニュー>
□スイーツ・ブレッド
「かながわ県産生乳100%認証」牛乳を使ったカスタードクリーム 冷製フルーツグラタン / 足柄ほうじ茶を使ったムースとゼリー / 神奈川県産夏みかんのマーマレードジャムを使ったマカロン / 神奈川県産レモンのピューレを使ったチーズケーキ / フルーツタルト / 抹茶クッキー / ラズベリーマカロン / ミニマリトッツォ / グリオットチェリーデニッシュ / スコーン2種

□セイボリー
やまゆりポークのカツサンド /サーモンのリエットサンド / ハムチーズサンド / たまごサンド / 神奈川県産野菜5種の付け合わせ

“地産地消”をテーマとしたアフタヌーンティー。「こゆるぎ紅茶」のウェルカムティーを楽しんで。“地産地消”をテーマとしたアフタヌーンティー。「こゆるぎ紅茶」のウェルカムティーを楽しんで。

<ドリンクメニュー>
ウェルカムティーとして、神奈川県小田原市で栽培された「こゆるぎ紅茶」3種をお1人様1杯ずつご提供いたします。以降は、紅茶11種/コーヒー5種/ソフトドリンク4種からお好きなものをお選びいただけます。(おかわり自由)


<お子様メニュー>
※4歳以上、小学生以下のお子様が対象。
・アイスクリーム、オレンジジュースセット 1,200円
・特別プレート 2,000円(スパゲッティナポリタン・エビフライ・フライドチキン・フライドポテト・オレンジジュース)


<アルコールオプション>
・スパークリングワイン 1本 6,050円
・シャンパン 1本 13,915円~

天気が良い日は個室から富士山が望めます。天気が良い日は個室から富士山が望めます。

概要

料 金
大人 お1人様 6,000円(室料・アフタヌーンティー・お飲物を含む)

期 間
<平日限定>2021年6月11日(金)~販売終了日未定

人 数
大人(中学生以上)3名様~6名様(小学生以下のお子様を含め最大9名様まで)

場 所
70階 個室「パール」または「ルビー」(各45平米) 
※会場の指定はできません。

時 間
「パール」1部10:30~13:30、2部 14:30~17:30
「ルビー」1部11:00~14:00、2部 15:00~18:00 
※各3時間制

予 約
ホテルwebサイトより
https://www.yrph.com/banquet/plan/sky_afternoontea.html
※1ヶ月~7日前12:00までに要予約

■TEA FACTORY 如春園

小田原の茶畑で農薬を一切使わず、有機と無施肥栽培でお茶の樹本来の香りを大切に自然農薬や剪定の仕方など工夫しながら管理して、緑茶とこゆるぎ紅茶を生産しています。「何事を成すにも、春の光が万物を育ててゆくようにゆっくりと、あせらず、ゆたかにやっていく」という意の『養之如春』のように、自然の変化を見つめ、そのように努力して、お茶の樹を育てています。
TEA FACTORY 如春園
webサイト
https://www.joshunen.jp/

karahiro

.NEWS3サイトの発行元

広告収入目的のwebサイト乱立による情報過多や、ロシアによるウクライナ侵攻をきっかけに皆の目が“情報の出処”にも行く様になったでしょう

当サイトは「書き手がバイアスを掛ける事なく当事者が出した内容をそのままに」を理念としており、また以前熱海でカフェ店を運営していた際に感じた“情報に対する不正確さ不公平さ”を反面教師として発行を開始

当初はドメイン・サーバー代を賄う程度にAdSense広告を入れてたが仮に1円でも得ていたら説得力に欠けるし、自分の理念に時代が少しはマッチして来たかなと感じこれを契機に広告を全て撤廃し自信もって「金が目的ではない」を謡う

※詳細説明は個人blogにて

おすすめ記事