2021春ミキハウスランドをパシフィコ横浜で1年半ぶり開催!!ミキハウス商品が最大60%OFF

三起商行株式会社は、2021年6月26日(土)と27日(日)の2日間、パシフィコ横浜にて、2000年頃から20年以上開催し続けてきた、ミキハウスの会員制バザールイベント『2021春ミキハウスランド in パシフィコ横浜』を開催します。

イベント詳細ページ
https://www.mikihouseland.jp/place/yokohama2021spring_2/
 

「ミキハウスランド・ファミリーセール」は、前身となるイベントが1990年代からスタート、現在の形としては2006年より例年春と秋に2回、全国各地で300回以上開催してきました。横浜でも2006年のスタート時から例年1万名以上をお迎えし、毎年開催してきましたが、昨年は未開催となったため、一年半ぶりの開催となります。2021年春の横浜会場では、ミキハウスのベビー&キッズ向けの衣料品、くつ、雑貨など全10,000点以上の商品を定価の30%~60%オフの価格で販売いたします。(一部セール除外品がございます。)会場では、無料の「赤ちゃんサポート」をご用意。授乳室やおむつ交換台、ベビーカーの貸し出しもできますのでお気軽にご利用ください。

新型コロナウイルス感染症対策としまして、会場入場時には、サーマルカメラによる検温を実施しております。また、手指の消毒、マスクの着用をお願いしているほか、混雑時は入場制限をさせていただくなど、お客様ならびにスタッフの健康と安全に配慮したご案内をさせていただいております。
※例年ご好評いただく「こどもの遊び場」「イベントショー」は、感染予防の観点から中止させていただきます。

事前会員登録で10%割引クーポンをもれなくプレゼント

『2021春ミキハウスランド in パシフィコ横浜』は会員制のイベントとなっており、ご来場に先立ちまして、LINEやメールでの事前登録が必要になります。ご登録いただくと、全商品が割引価格からさらに10%の割引になるクーポンをもれなくプレゼントしていますので、ぜひこの機会に、ご登録いただきご来場ください。

2021春ミキハウスランド【横浜】

日時
2021年6月26日(土)11:00~17:00
2021年6月27日(日)10:30~16:00
会場
パシフィコ横浜 (展示ホールA)
みなとみらい線「みなとみらい駅」より徒歩約5分
JR京浜東北線「桜木町」駅より動く歩道で徒歩約12分
連絡先
070-6506-5218(営業時間中のみ)
入場
無料(LINEかEメールで事前ご登録が必要です。)
事前登録ページ
https://www.mikihouseland.jp/mbfes_s/
※急きょ延期や変更となる場合がございます。

「ミキハウスランド」「ファミリーセール」とは?

「ミキハウスランド」「ファミリーセール」は、ミキハウスが主催する会員制のイベントで、参加には会員登録が必要です。1999年頃から「ミキハウスのファミリーセール」として前身となるイベントを、東京ドームといった大型施設を含む会場で開催していましたが、現在の形になったのは2006年のシーズンからです。多くのお客様にご来場いただき2006年からの15年間で、延べ来場者数が、300万人を超える人気イベントです。当初は、札幌・仙台・横浜・さいたま・幕張・名古屋・大阪・福岡・静岡・京都・広島・岡山・宇都宮の全13会場で、春秋の2回ずつ開催していました。2009年に宇都宮、2010年に仙台での開催を終了、以降9年間は11会場で開催してきました。2020年は、新型コロナウイルス感染症の影響で会場数を4会場に縮小しましたが、2021年春シーズンはコロナ禍において、様子を見ながらではありますが、東京・大阪・名古屋・横浜・京都・岡山の6会場にて春と秋に開催する予定です。

<会場での感染症対策について>
お客様ならびにスタッフの健康と安全に配慮し、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、ご来場いただくお客様に下記のとおりお願いがございます。

パシフィコ横浜にて2週連続ファミリー向けイベント開催

当イベントの前週となる、6月18日(土)、19日(日)には、同じパシフィコ横浜にて「マタニティ&ベビーフェスタ2021」が開催されます。当イベントと合わせて両イベントにご来場いただいた方には、「ミキハウス・オリジナルガーゼハンカチ」をプレゼントさせていただきます。

日時
2021年6月19日(土) 10:00~18:00
2021年6月20日(日) 10:00~17:00
会場
パシフィコ横浜 展示ホールD
イベント詳細
https://maternity-babyfesta.jp/

karahiro

.NEWS3サイトの発行元

広告収入目的のwebサイト乱立による情報過多や、ロシアによるウクライナ侵攻をきっかけに皆の目が“情報の出処”にも行く様になったでしょう

当サイトは「書き手がバイアスを掛ける事なく当事者が出した内容をそのままに」を理念としており、また以前熱海でカフェ店を運営していた際に感じた“情報に対する不正確さ不公平さ”を反面教師として発行を開始

当初はドメイン・サーバー代を賄う程度にAdSense広告を入れてたが仮に1円でも得ていたら説得力に欠けるし、自分の理念に時代が少しはマッチして来たかなと感じこれを契機に広告を全て撤廃し自信もって「金が目的ではない」を謡う

※詳細説明は個人blogにて

おすすめ記事