横浜ビールが缶ビール第2弾として 横浜の小麦を使用した「横浜ウィート」新登場!!まずは7/5に市内ファミマから

株式会社横浜ビールが昨年12月に発売した横浜ラガー(缶ビール)に続いて第2弾となる横浜ウィート(缶ビール)を、2021年7月5日(月)から順次発売します。

ヨコハマには横浜のビールがある

今年22年目を迎えた「横浜ビール」は、横浜に最も古くから存在するクラフトビールメーカーです。ビール造りを通して地元生産者や、飲み手の皆さまとの繋がりを大切にしてきました。「横浜ビール」は地元の方々に「ヨコハマには横浜のビールがある」ということを知って頂き「自分達のビール」として、身近に感じて頂きたいという想いがあり、これまで一部の店舗でしか見かけることがなかった「横浜ビール」が地元神奈川・横浜・神奈川近郊のコンビニエンスストアのお取り扱いにより、お気軽にお楽しみ頂く事が出来ます。地元の方々に“街のビール屋”「横浜ビール」の魅力を知って頂くきっかけに繋がればと思い、缶ビール発売に至りました。

缶ビール販売に対する想い

横浜は開港160年以上経った今も、様々な文化発祥の地として魅力を兼ね備えています。ビールもその文化の一つ。様々な味わい・多様性を楽しめるクラフトビールの魅力をこの横浜から伝えたい。横浜は日本で一番クラフトビールのブルワリー(醸造所)が密集した地域です。「横浜ビール」はこの缶ビールを通して「街の文化」や、横浜にある多様なブルワリーのクラフトビールを楽しみに、多くの方々に訪れて頂ける環境を育みたいという想いで取り組んでいます。

横浜ウィート(缶ビール)

商品概要

「横浜ビール」は2016年4月より「瀬谷の小麦ビール」をレギュラー商品として販売してきました。これまでは瓶ビールでの販売でしたが、缶ビールの「横浜ウィート」として新たに登場です。「横浜ウィート」には、横浜市瀬谷区の「岩﨑農園」岩﨑 良一さんが栽培した小麦を使用しています。ビールを通して、生産者の方の人柄や想いを伝えることを大切にしている「横浜ビール」ならではの代表作です。この機会に是非お楽しみ下さい。

アルコール
5.5%
容量
350ml
賞味期限
240日(常温流通・冷暗所保管)
店頭希望小売価格
350円(税込)

味わい

小麦(ウィート)を原材料に使用し、柔らかな口当たりとすっきりとした飲み口に仕上がっています。ビールのスタイル(種類)は「ベルジャンウィート」。ベルギー酵母による華やかな香りと、小麦の優しい味わいが魅力的な“横浜スタイル”の白ビールです。

横浜市瀬谷生まれの小麦

「横浜ウィート」には、横浜市瀬谷区の「岩﨑農園」岩﨑 良一さんが栽培した小麦を使用しています。「横浜でも小麦を生産していることを知って欲しい」そんな想いからこのビールは誕生しました。詳細は「横浜ビール」noteよりご確認下さい。

横浜とビールの歴史

横浜で初めてビールが醸造されたのは140年以上も前のこと。1858(安政5)年に横浜は開港され、西洋諸国との貿易が始まりました。その後、横浜港は日本最大の貿易港となり、幕末の横浜には最も多くの外国人が居留したのです。元号が明治に変わり「文明開化」の時代が到来。1869(明治2)年、横浜山手46番地に日本で最初のビール醸造所「ジャパン・ヨコハマ・ブルワリー」が開設され、ビールの醸造を開始しました。

横浜ウィート デザイン

第一弾の横浜ラガー缶に続き、「横浜ウィート(缶ビール)」でも横浜浮世絵のデザインを使用。描かれているのは「横浜吉田橋ヨリ馬車道之真図(横浜開港資料館所蔵)」。

販売先

直営店・通販サイト

横浜ビール直営店「驛の食卓」・「驛カフェ」
横浜ビール通販サイト:https://www.yokohamabeer.shop/

お取扱い店舗

7/5〜 神奈川県・横浜市内及び周辺一部店舗の「ファミリーマート」約900店舗
7/12〜 横浜市内一部店舗の「セブン-イレブン」約480店舗
7/27〜 首都圏一部店舗「ナチュラルローソン」110店舗
※掲載のコンビニエンスストアでは酒類取り扱い店舗での販売となります。一部店舗では取り扱いがない場合がございます。

7/5~   NEWDAYS 神奈川圏内一部の店舗
7/21〜 北野エース 関東圏の25店舗 (酒類取扱店舗での販売)
その他、首都圏、神奈川・横浜・近郊の百貨店、小売店、飲食店で販売。

「横浜ビール」について
ビール文化発祥の地“横浜”で1999年より醸造開始。横浜に最も古くから存在するクラフトビールメーカー「横浜ビール」。ビールの美味しさを追求し、国際ビール大賞など数々の受賞実績を持ち、国際レベルのビアジャッジより高い評価を得ています。
ビールに使用する麦・果物を栽培されている生産者・飲み手の方々まで「横浜ビール」は、人と人の繋がりを大切にしてきました。また「街のビール屋」として街づくり、スポーツ、音楽などビールを通して多くのワクワクをお届けします。

横浜ビール缶ビール応援団 SNSプレゼントキャンペーン
エール不足の団員を大募集!「横浜ビール缶ビール 乾杯応援団」は缶ビール(横浜ラガー・横浜ウィート)を通して、まだ見ぬ団員のあなたにエールを贈ります。入団の資格は「横浜ビールで応援されたい方 (※20歳以上の)」です!
購入された「横浜ウィート(缶ビール)」を写した画像と以下のハッシュタグ

#横浜ビール缶ビール見つけた
#横浜ウィート
#購入した店舗名

を付けて InstagramもしくはTwitterに投稿された方から抽選で20名様に「横浜ビール缶ビール 乾杯応援団」団員カードとプレゼントを贈ります。投稿期間は2021年7月5日(月)〜8月15日(日)です。
①横浜ウィートオリジナルTシャツ:3名様 
②醸造所見学&乾杯招待券: 4名様 
③大切な人へ横浜ビールGIFTを贈る権:4名様 
④横浜ビール6本セット:10名様

  ※添付画像のTシャツデザインはイメージです。

「横浜ビール」缶ビール第2弾 「横浜ウィート」発売記念ムービー

https://youtube.com/watch?v=nK-kaTH45SA%3Fautoplay%3D0%26fs%3D1%26rel%3D0

【お問合せ先】
株式会社横浜ビール 広報・ファンプロジェクト
TEL:045-212-9633
担当者:横内 勇人・工藤 葵
e-mai:yokouchi@yokohamabeer.com

横浜ビールHP
http://www.yokohamabeer.com/
通販サイト
http://www.yokohamabeer.shop
Facebook 
https://www.facebook.com/yokohamabeer/
Instagram 
https://www.instagram.com/yokohamabeer/
Twitter
https://twitter.com/beer_yokohama
note 
https://note.com/yokohamabeer

広告写真 撮影:工藤 葵(写真家)https://aoikudoaonisai.wordpress.com/

karahiro

.NEWS3サイトの発行元

広告収入目的のwebサイト乱立による情報過多や、ロシアによるウクライナ侵攻をきっかけに皆の目が“情報の出処”にも行く様になったでしょう

当サイトは「書き手がバイアスを掛ける事なく当事者が出した内容をそのままに」を理念としており、また以前熱海でカフェ店を運営していた際に感じた“情報に対する不正確さ不公平さ”を反面教師として発行を開始

当初はドメイン・サーバー代を賄う程度にAdSense広告を入れてたが仮に1円でも得ていたら説得力に欠けるし、自分の理念に時代が少しはマッチして来たかなと感じこれを契機に広告を全て撤廃し自信もって「金が目的ではない」を謡う

※詳細説明は個人blogにて

おすすめ記事