InterContinental Yokohama Pier 8が浴衣を着て横浜を散策するステイプラン「Cruise & Stay ”夏”」予約開始!!専用クルーズ船にも

InterContinental Yokohama Pier 8では2021 年夏の思い出に、くつろぎの浴衣姿を現代の装いで西洋と東洋が交差する横浜を散策する「Cruise & Stay ”夏”」として、ホテル専用クルーズ船での夕涼みと併せて楽しめる最適なステイプランを 7 月 9日(金)から予約受付開始します。

Pier 8が用意した浴衣を気軽に着て楽しむこのプランでは、宿泊者の準備は不要で浴衣の着付けもホテルが手配します。特別に13時のアーリーチェックインで、ゆったりとした時間のなか館内で支度できます。浴衣姿を彩るのは、江⼾時代より⼥性の髪を美しく飾ったつまみ細⼯のかんざし。200 年の歴史が育んだ繊細な伝統の職人技が浴衣とあわせて夏のおしゃれを完成させます。着替えの後は、夏の緑が美しい青もみじが涼やかな中庭「島々の庭~四季~」を通って館外へ。横浜赤レンガ倉庫をはじめ横浜市認定歴史的建造物や、横浜らしい景色が広がる運河沿いのご散策など、思い思いの時間を過ごせます。

ホテル専用クルーズ船「ル・グラン・ブルー」では夜空の下、異国情緒漂う街並みの風を感じながら夏の涼を体感できます。クルーズを楽しんだ後は、レストラン&バー「Larboard」で遅めのディナーを。旬の素材で彩られたPier8 キュイジーヌでおもてなししてくれます。味覚の五味「旨味」・「酸味」・「苦味」・「塩 味」・「甘味」に始まるコースで、日本の夏との調和が楽しめます。宿泊者が着用した浴衣一式とつまみ細⼯のかんざし(数量限定)はプレゼントされ、思い出とともに日本の伝統美を持ち帰る事が可能です。ホテルにいながら日本らしい夏を楽しむ「Cruise & Stay ”夏”」、横浜に新しい風物詩が登場します。

【つまみ細工のかんざし】

「つまみ細工」とは小さな布を『折り』『つまみ』複数を組み合わせて四季折々の花鳥風月を形作り、櫛やかんざしを華やかに彩る江戸時代から伝わる東京都指定の伝統工芸。約200年前の歴史をもつ、つまみ細工は、宮中の女官や大名の奥女中が趣味として楽しんでいた『和小物』の技法が始まりといわれる。

提供:⼀凛堂
https://tsumami-ichirindo.com/

【Cruise & Stay ”夏” 概要】

■ 期間
予約受付期間:2021年7月9日(金)~2021年8月26日(木)
ご宿泊期間: 2021年7月16日(金)~2021年8月30日(日)

 ■ 料金
1泊1室2名様 100,000円  夕・朝食含む(税金・サービス料込み)
※1日3室限定

 ■ 客室タイプ
ガーデンサイド

 【ご宿泊の詳細】
https://www.icyokohama-pier8.com/topics/cruise_stay_summer/

 【InterContinental Yokohama Pier 8 新型コロナウイルス感染症対策】
https://www.icyokohama-pier8.com/topics/commitment-to-cleaniliness/

【施設概要】

 ◆施設名称: InterContinental Yokohama Pier 8
(読み:インターコンチネンタル ヨコハマ ピア エイト)
◆開業: 2019年10月31日
◆所在地:神奈川県横浜市中区新港 2-14-1
※横浜ハンマーヘッドを正面にみて右手(専用エントランス)
◆電話: 045-307-1111(ホテル代表)
◆アクセス:・みなとみらい線「みなとみらい駅」より徒歩12分
      ・JR「横浜駅」よりタクシー15分、「桜木町駅」よりタクシー7分
      ・ぷかりさん橋、ヨコハマ グランド インターコンチネンタル ホテルより、海沿い徒歩10分
      ※新港ふ頭客船ターミナル直結

karahiro

.NEWS3サイトの発行元

広告収入目的のwebサイト乱立による情報過多や、ロシアによるウクライナ侵攻をきっかけに皆の目が“情報の出処”にも行く様になったでしょう

当サイトは「書き手がバイアスを掛ける事なく当事者が出した内容をそのままに」を理念としており、また以前熱海でカフェ店を運営していた際に感じた“情報に対する不正確さ不公平さ”を反面教師として発行を開始

当初はドメイン・サーバー代を賄う程度にAdSense広告を入れてたが仮に1円でも得ていたら説得力に欠けるし、自分の理念に時代が少しはマッチして来たかなと感じこれを契機に広告を全て撤廃し自信もって「金が目的ではない」を謡う

※詳細説明は個人blogにて

おすすめ記事