パシフィコ横浜が2021年7月29日で開業30周年!!

2021年7月29日(木)、国内最大級の複合MICE※1施設、パシフィコ横浜(正式名称:株式会社横浜国際平和会議場)は開業30周年を迎えます。パシフィコ横浜は、みなとみらい21事業のリーディングプロジェクトとして1991年に開業し、現在は「観光・MICE・創造都市 よこはま」のMICE拠点となっています。これまでの30年間、街の発展とともに歩みながら、約27 ,000件の催事が開催され、約8,700万人もの国内外のお客様をお迎えしてまいりました。APECやTICAD、ADBなど、数々の国際会議の舞台として活躍し、国際会議の開催においては、国内トップの実績を築いてます。このたび開業30周年にあたり、人々が手をとりあい、つながる世界を実現する交流の場として、地域の発展をこれからも支える私どもの想いを記念ロゴに表しました。今後、開業30周年を記念した各種企画の実施を予定してます。

開業30周年記念ロゴ
開業30周年記念ロゴ

開業30周年記念ロゴについて

​​ コーポレートマークにある、3人が肩を組んで並んでいるフォルムから、「3人の航海者の物語」として着想されたデザインとなっています。歳月を経て30人となり、未曽有の危機を前に「交流」の重要性を再認識するとともに、未来に向けて、世界と輪になり手をつなぐイメージは、世界との「交流」の場である私たちのこれからの決意を象徴しています。

2020年4月には、新施設「パシフィコ横浜ノース」を開業しましたが、全世界が直面している感染症による未曽有の脅威により、人々のFace to Faceの交流の場を支えてきたMICE業界も新たな局面を迎えております。30周年という節目をチャンスと捉え、新たなMICEの形態の提案や実施を通じて、皆様に新しい価値を創造できるイノベーションへ取り組んでまいります。「SDGs」の視点とともに、地域の魅力を活かしながら、アジア太平洋地域で最もユニークなコンベンション開催地として「アジアOnly 1、No.1のMICE施設」を目指し、地域のさらなる発展に貢献してまいります。

※1 MICEとはMeeting(企業ミーティング)、Incentive Travel(報奨・研修旅行)、Convention(国際会議)、Exhibition/Event(展示会/イベント)といったビジネスイベントの総称。

ALL IN ONEの複合MICE施設
ALL IN ONEの複合MICE施設

パシフィコ横浜の名前の由来

パシフィコ(PACIFICO)は、「Pacific+Convention」の略です。Pacificは、ラテン語の「Pacificus」(=Peace)から派生しており、本来「平和な」「静かな」など意味し、「太平洋」の語源にもなっています。横浜は、太平洋を通じてひろく世界に開かれた港であり、また創業時の企業理念にある「国際平和への貢献」に通じるこの「Pacific」をキーワードとし、名称としています。コーポレートマークでは、「人と人とのコミュニケーション」、「国際性」、「開放性」をテーマとし、三人の集まりは、「コミュニケーションの全地球的な拡がり」、「叡智と創造力の結集」を表しています。「パシフィコ・ブルー」と「パシフィコ・グリーン」は、「海」と「緑」、さらには「七つの海」と「五つの大陸」をも象徴しています。

沿革

1987年6月  株式会社横浜国際平和会議場(会長:花村仁八郎・社長:高木文雄) 設立  
1991年7月  会議センター・ホテル棟竣工、8月営業開始  
1991年10月  展示ホールⅠ期(A・Bホール)竣工、営業開始 
1994年4月  国立大ホール完成 国 (大蔵省) から管理を受託(東日本唯一の国立の国際会議場)
2001年7月  展示ホールⅡ期(C・Dホール、アネックスホール) 竣工、8月営業開始
2020年4月  パシフィコ横浜ノース開業

主な開催催事

1991年8月  「アジア太平洋経済サミット」国連ピースメッセンジャー都市会議
1992年5月  人とくるまのテクノロジー展、自動車技術会春季大会*
1993年6月  第1回フランス映画祭横浜(2005年の第13回まで開催)
1994年5月  国連防災の10年世界会議
1994年8月  第10回国際エイズ会議
1995年9月  世界獣医学大会(横浜)
1996年10月  第7回国際廃棄物会議
1996年12月  Act Against AIDSコンサート(2018年で終了)
1999年12月  福山雅治コンサート 福山☆冬の大感謝祭*
2001年9月  横浜トリエンナーレ(~11月)
2001年12月  ECPAT(児童の商業的性的搾取に反対する世界会議)
2002年4月  2002 FIFA World Cup KOREA/JAPAN 国際メディアセンター(~7月)
2002年8月  第12回世界精神医学会横浜大会
2005年11月  第25回 全国豊かな海づくり大会かながわ大会
2006年8月  第18回 国連軍縮会議 in 横浜
2008年5月  第4回アフリカ開発会議(TICAD IV)
2009年6月  海のエジプト展 ~海底からよみがえる、古代都市アレクサンドリアの至宝~
2010年3月  CP+ CAMERA&PHOTO IMAGING SHOW*
2010年11月  2010年日本APEC 横浜リーダーズウィーク
2012年6月  ISSCR2012(国際幹細胞学会第10回年次大会)
2012年7月  ヨコハマ恐竜展2012*
2013年5月  第5回アフリカ開発会議(TICAD Ⅴ)
2015年3月  横浜マラソン2015*
2016年12月  お城EXPO2016*
2017年5月  第50回アジア開発銀行年次総会(The 50th ADB Annual Meeting of the Board of Governors)
2019年8月  第7回アフリカ開発会議(TICAD Ⅶ)
2020年12月  The 2nd ICCA Asia Pacific Chapter Summit 2020 (ICCA AP Summit 2020)
*印:初回開催後、現在まで継続開催されているもの(ただし新型コロナウイルス感染症拡大の影響による開催方法等の変更は含みません)

karahiro

.NEWS3サイトの発行元

広告収入目的のwebサイト乱立による情報過多や、ロシアによるウクライナ侵攻をきっかけに皆の目が“情報の出処”にも行く様になったでしょう

当サイトは「書き手がバイアスを掛ける事なく当事者が出した内容をそのままに」を理念としており、また以前熱海でカフェ店を運営していた際に感じた“情報に対する不正確さ不公平さ”を反面教師として発行を開始

当初はドメイン・サーバー代を賄う程度にAdSense広告を入れてたが仮に1円でも得ていたら説得力に欠けるし、自分の理念に時代が少しはマッチして来たかなと感じこれを契機に広告を全て撤廃し自信もって「金が目的ではない」を謡う

※詳細説明は個人blogにて

おすすめ記事