観光スポット周遊バス“あかいくつ” 連節バス“BAYSIDE BLUE” 水上バス“シーバス” が1日乗り放題の「みなとぶらりシーバスチケット」を期間限定発売!!

横浜市は、横浜市交通局と株式会社ポートサービスが連携した横浜観光を便利でお得に楽しめる企画乗車券『みなとぶらりシーバスチケット』を2021年7月20日(火)から期間限定で発売する事をリリースしました。

「シーバス」が1日乗り放題の『1DAYPASS』と、約80の提携店・施設で使える特典サービスつきで、ベイエリアの市営交通が1日乗り放題の『みなとぶらりチケット』がコラボした、とても便利でお得なチケットです。また、この『みなとぶらりシーバスチケット』を横浜赤レンガ倉庫でご提示していただくと、 横浜赤レンガ倉庫館内の対象店舗で使えるお得なクーポンをプレゼントされます。

チケット概要

1 販売時期
2021年7月20日(火)~2022年3月31日(木)
(有効期間:購入した日から2022年4月30日(土)までのチケット使用当日のみ)
2 販売価格
大人 1,300円 小児 650円
(『みなとぶらりチケット』+『1DAYPASS』より大人は200円お得!さらに、『みなとぶら り チケット』だけではもらえない、横浜赤レンガ倉庫で使えるお得なクーポンをプレゼントしま す。)
3 販売場所
・市営地下鉄5駅の事務室(横浜、高島町、桜木町、関内、伊勢佐木長者町)
・横浜駅東口バス定期券発売所 ・横浜駅東口シーバスのりば(横浜ベイクォーター2階)
4 適用区間
次の区間におけるシーバス、市営バス、市営地下鉄ブルーラインが1日自由に乗り降り できます。
・シーバス:横浜駅東口~みなとみらい21~横浜赤レンガ倉庫~山下公園
・市営バス:横浜駅~パシフィコ横浜~ハンマーヘッド~横浜赤レンガ倉庫~大さん橋 ~ 元町
・中華街~港の見える丘公園、三溪園(BAYSIDE BLUE、あかいくつ、ピアラインも乗車可)
・市営地下鉄ブルーライン:横浜駅~伊勢佐木長者町駅

横浜市交通局では、お客様に安心して市営バスをご利用いただくため、すべての車両で、つり革、手すり等への抗ウィルス・抗菌処理、あかいくつ・ベイサイドブルーではオゾン発 生器による車内除菌も実施しています。シーバス、横浜赤レンガ倉庫においても、感染拡 大防止の取組をしています。
ご利用のお客様におかれましても、マスクの着用、手洗い、手指消毒などの感染拡大防 止へのご協力をお願いいたします。感染拡大防止の趣旨をご理解いただき、便利でお得 なコラボチケットで地元横浜を満喫してください!

チケットの内容

■ベイエリアの横浜市営交通が1日乗り放題!提携店・施設で使える特典サービス付の『みなとぶらりチケット』
みなとみらい地区〜⼭下公園周辺・中華街や伊勢佐⽊町・元町、三溪園までの市営バス (『BAYSIDEBLUE』『あかいくつ』含む)と横浜~伊勢佐木長者町間の市営地下鉄が1⽇乗り放題です。ベイエリアの約80の店舗・施設で使えるお得な特典サービス付です。
■シーバスの1日乗り放題チケット『1DAYPASS』
中華街、元町、みなとみらいなどの主要観光地までらくらく移動できます。港町ヨコハマな らではの海上アクセスです。
■横浜赤レンガ倉庫館内の店舗で使えるクーポンプレゼント
みなとぶらりチケットの特典に加え、みなとぶらりシーバスチケットを横浜赤レンガ倉庫2号館1階インフォメーションでご提示いただくと、もれなく横浜赤レンガ倉庫館内の対象店舗で使えるクーポンをプレゼント!

https://www.city.yokohama.lg.jp/kotsu/bus/oshirase/seabassburari.html

『みなとぶらりシーバスチケット』で移動を楽しんでいただき、横浜赤レンガ倉庫のクーポンや提携施設・店舗のお得な特典サービスで、あなただけの横浜をお楽しみください!

【問合せ・申込先】
横浜市交通局自動車本部営業課観光・貸切担当
〒231-0005 横浜市中区本町6丁目50-10 横浜市役所19階
TEL045(671)3211
FAX045(322)3912
E-mail kt-kankou@city.yokohama.jp

karahiro

.NEWS3サイトの発行元

広告収入目的のwebサイト乱立による情報過多や、ロシアによるウクライナ侵攻をきっかけに皆の目が“情報の出処”にも行く様になったでしょう

当サイトは「書き手がバイアスを掛ける事なく当事者が出した内容をそのままに」を理念としており、また以前熱海でカフェ店を運営していた際に感じた“情報に対する不正確さ不公平さ”を反面教師として発行を開始

当初はドメイン・サーバー代を賄う程度にAdSense広告を入れてたが仮に1円でも得ていたら説得力に欠けるし、自分の理念に時代が少しはマッチして来たかなと感じこれを契機に広告を全て撤廃し自信もって「金が目的ではない」を謡う

※詳細説明は個人blogにて

おすすめ記事