横浜美術館/開館30周年&横浜開港160周年「絵でたどるペリー来航」は9/21(土)から

開館30周年と横浜開港160周年記念中の横浜美術館は「絵でたどるペリー来航」を2019.9/21から11/10の期間に開催します。

展覧会概要

小さな横浜村にペリー艦隊の一行が上陸した場面《ペルリ提督横浜上陸の図》は、横浜開港につながる歴史的瞬間を描いた作品として、これまで横浜美術館のコレクション展においてもしばしば展示されてきました。国際都市・横浜のはじまりの物語として、開港160周年を機に取り上げるにふさわしい作品です。

本展では、石版画、水彩画、油彩画という異なるメディアで同じイメージを描いた作品群と遠征記の記述などを比較し、写真と絵画といった視覚メディアが、どのように関連しあいながらペリーの日本遠征にかかる一連の記録画と記述を生み出していったかを検証します。 エデュケーター(教育普及担当)の企画した本展では、当時の横浜に想像を巡らせていただくような工夫として、さまざまな教育プログラムの実施や、展示室でのボランティアによるトークなども開催します。

*

基本情報

会期2019.9/21(土) – 11/10(日)                                           
時間 10 – 18時 
*毎週金曜・土曜は10 – 20時(9/27,28は21時まで)
休館日 木曜日
会場横浜美術館アートギャラリー1
観覧料無料
主催横浜美術館[公益財団法人横浜市芸術文化振興財団]

karahiro

.NEWS3サイトの発行元

広告収入目的のwebサイト乱立による情報過多や、ロシアによるウクライナ侵攻をきっかけに皆の目が“情報の出処”にも行く様になったでしょう

当サイトは「書き手がバイアスを掛ける事なく当事者が出した内容をそのままに」を理念としており、また以前熱海でカフェ店を運営していた際に感じた“情報に対する不正確さ不公平さ”を反面教師として発行を開始

当初はドメイン・サーバー代を賄う程度にAdSense広告を入れてたが仮に1円でも得ていたら説得力に欠けるし、自分の理念に時代が少しはマッチして来たかなと感じこれを契機に広告を全て撤廃し自信もって「金が目的ではない」を謡う

※詳細説明は個人blogにて

おすすめ記事