港の見える丘公園にある「大佛次郎記念館」でテーマ展『パリ燃ゆ― 名もなき者たちの声』を9/11から開催

大佛次郎記念館(横浜市中区山手町)は、横浜港を臨む「港の見える丘公園」の一角に立つ、横浜ゆかりの作家「大佛次郎」の業績と生涯を様々な資料で紹介している文学館で、 2021年9月11日(土)から12月25日(土) まで、テーマ展「パリ燃ゆ― 名もなき者たちの声」を開催します。

女性たちが守るブランシュ広場
女性たちが守るブランシュ広場

本年はパリ・コミューン成立から150年めの年。 パリ・コミューンを舞台に描いた大佛次郎の『パリ燃ゆ』は、 コミューンに参加した無名の人々を主役とし、 大佛が”事実”と確認できることがらを「煉瓦のように積み上げた」作品です。執筆にあたり大佛はパリを訪れ、コミューン当時、バリケードが築かれた街路を歩き、古書店で多くの資料を集めました。

今回の展示では市民たちの生活に焦点を合わせ、大佛次郎が収集した資料に加え、その後記念館が集めたコレクションから、カリカチュアなどの版画やポスターをはじめとする資料約60点をピックアップし、当時の市民がおかれた状況や思いを探ります。

ドラネ《包囲下パリの思い出》
ドラネ《包囲下パリの思い出》

当時の社会的評価ではなく、“事実”にこだわった『パリ燃ゆ』の文章と、150年前の様子を今に伝える鮮やかな資料から、パリを生きた、名もなき民衆の声を浮かび上がらせます。その他関連イベントも充実です。

【大画面で一挙公開・カリカチュアコレクション】

当館の2,600点のカリカチュア・コレクション(風刺画等を含む版画類)の中から、選りすぐりの1,000点以上の画像公開です。カリカチュアは、フランスの政治文化の一部であり、メディア芸術の源流にも位置するものです。1870年7月の普仏戦争から、翌年のパリ・コミューン期にかけて、パリでは絵入り雑誌や新聞など多くの出版物が発行され、一大情報戦が繰り広げられていました。

今回は、2階サロンで、デジタルサイネージを使い一挙公開します。大画面で色鮮やかなデジタルサイネージの画像は、どれを取ってもお楽しみいただけること請け合いです。

【大佛次郎愛蔵レコード音源の再生】

大佛次郎が所蔵していたレコードの中から、スタジオジブリ作品で歌手のジーナが歌ったことでも有名なシャンソン、J.Bクレマン作詞“さくらんぼの実る頃 Le Temps des cerises”や、E.ポティエ作詞 “インターナショナル L’Internationale”など、パリ・コミューンに関連した楽曲をデジタル音源化。会場でお聞きいただけます。

《展示概要》

【展示名称】 テーマ展示「パリ燃ゆ―名もなき者たちの声」

【展示期間】 2021年9月11日(土)~2021年12月25日(土)

【開館時間】 9月まで10:00~17:30(最終入館17:00)/10月以降10:00~17:00(最終入館16:30)

【休館日】 毎週月曜日(祝休日の場合は翌平日)

【観覧料】 一般/200円 中学生以下/無料 20名以上の団体は150円
   *横浜市内在住の65歳以上の方は無料。
   *障がい者手帳をお持ちの方と付き添いの方1名は無料。
   *毎月23日(市民の読書の日)と第2、第4土曜日は高校生無料。

【交通アクセス】
電車:みなとみらい線元町・中華街駅から 徒歩8分
   ⑥番出口からエレベーター・エスカレーター利用でアメリカ山公園経由
   ⑤番出口から谷戸坂またはフランス山経由
JR根岸線石川町駅から 徒歩20分(南口より元町商店街経由)
バス:神奈中11系統、市営バス20系統または「あかいくつ」にて港の見える丘公園前下車 徒歩2分

【協賛】 株式会社浦辺設計/株式会社ポンパドウル/横浜高速鉄道株式会社
【協力】 日仏歴史学会
文化庁「 ARTS for the future! 」補助対象事業

karahiro

.NEWS3サイトの発行元

広告収入目的のwebサイト乱立による情報過多や、ロシアによるウクライナ侵攻をきっかけに皆の目が“情報の出処”にも行く様になったでしょう

当サイトは「書き手がバイアスを掛ける事なく当事者が出した内容をそのままに」を理念としており、また以前熱海でカフェ店を運営していた際に感じた“情報に対する不正確さ不公平さ”を反面教師として発行を開始

当初はドメイン・サーバー代を賄う程度にAdSense広告を入れてたが仮に1円でも得ていたら説得力に欠けるし、自分の理念に時代が少しはマッチして来たかなと感じこれを契機に広告を全て撤廃し自信もって「金が目的ではない」を謡う

※詳細説明は個人blogにて

おすすめ記事