“横浜ベイクォーター”で168個のボックスが敷かれた本物のドライフラワーのステージを歩くことができる「枯花テラス(かれはな)」を開催中

横浜ダイヤビルマネジメント株式会社が運営する横浜駅東口のショッピングモール「横浜ベイクォーター」では、 2021年10月31日(日)までの期間限定で、秋の装飾 「枯花(かれはな)テラス」を開催します。

装飾のテーマは、近年インテリアとしても人気を集める「ドライフラワー」。会場であるメイン広場には、本物のドライフラワーが詰め込まれた168個のボックスが敷かれ、幅およそ8m×長さ9mのドライフラワーのステージを歩くことができます。

ボックス内の花材は2021年3月に横浜ベイクォーター3階にOPENしたドライフラワーと素材の店「noni(ノニ)」によるセレクトで、ゾーン毎に異なる素材や色のグラデーションが楽しめます。さらに夕方16:30からは、上空に浮かぶ100個のペーパーランタンが灯り、会場全体がロマンチックなムードに。昼と夜、時間により異なる表情の会場をぜひご覧ください。

横浜ベイクォーター 枯花テラス

期間:2021年9月7日(火)~10月31日(日)
時間:11:00~施設閉館まで(現在は20:00)/16:30~ライトアップ
会場:横浜ベイクォーター 3F メイン広場
料金:入場無料
所在地:横浜市神奈川区金港町1-10(各線横浜駅きた東口Aから徒歩3分)
URL:
枯花テラス サイト
https://www.yokohama-bayquarter.com/event/karehanaterrace/
枯花テラス 公式YouTube
https://youtu.be/OIcpOdDJOCs

ひと足早く訪れた今年の秋は、横浜ベイクォーターの「枯花テラス」でのお散歩をお楽しみください。

◇「枯花テラス」花材のセレクトを担当したショップ「noni(ノニ)」について◇
愛知県・豊橋発、“植物と暮らす”がコンセプトのグリーンショップ「garage(ガレージ)」が手掛ける新業態。
ドライフラワーを中心に、好奇心をくすぐるさまざまな素材がところ狭しと並ぶ、DIYやモノづくりが楽しさを体験できるお店です。店内には、メディアで注目を集める遠州織物のアパレルブランド「HUIS(ハウス)」のショールームも併設しています。
2021年3月5日、横浜ベイクォーターに1号店をOPEN。
■noni|横浜ベイクォーター3F
11:00-19:00(現在時短営業中)/TEL: 045-577-0298
URL:
(店舗ページ)https://www.yokohama-bayquarter.com/floor_guide/noni/
(店舗Instagram) @noni_yokohama

※画像は全てイメージです。
※記載内容は全て2021年9月17日(金)現在の予定です。内容は状況により予告なく変更となる場合があります。最新情報は横浜ベイクォーターホームページをご確認ください。

【 横浜ベイクォーター 概要 】
■名称:横浜ベイクォーター(英名:Yokohama Bay Quarter)
■所在地:横浜市神奈川区金港町1-10
■営業時間:ショップ 11:00~20:00/レストラン 11:00~20:00
ベビー・キッズフロア「スマイルキッズステーション」10:00~19:00
※店舗により異なる
■運営管理:横浜ダイヤビルマネジメント株式会社
■アクセス:横浜駅きた東口Aから歩道橋「ベイクォーターウォーク」で徒歩3分
横浜駅東口からポルタ、そごう2F経由で徒歩7分
■URL:https://www.yokohama-bayquarter.com/

karahiro

.NEWS3サイトの発行元

広告収入目的のwebサイト乱立による情報過多や、ロシアによるウクライナ侵攻をきっかけに皆の目が“情報の出処”にも行く様になったでしょう

当サイトは「書き手がバイアスを掛ける事なく当事者が出した内容をそのままに」を理念としており、また以前熱海でカフェ店を運営していた際に感じた“情報に対する不正確さ不公平さ”を反面教師として発行を開始

当初はドメイン・サーバー代を賄う程度にAdSense広告を入れてたが仮に1円でも得ていたら説得力に欠けるし、自分の理念に時代が少しはマッチして来たかなと感じこれを契機に広告を全て撤廃し自信もって「金が目的ではない」を謡う

※詳細説明は個人blogにて

おすすめ記事