京菓子處鼓月がプロデュースする洋菓子店 KINEEL が看板商品ルフルに初の秋限定味登場!!クリームにラム酒を効かせて栗の風味を引き立たせた『ルフル マロン』横浜高島屋にて

京都から「千寿せんべい」や「華」など銘菓を全国にお届けする「京菓子處鼓月」を展開する株式会社鼓月は、展開するパティスリーブランド「KINEEL」から「ルフル マロン」を 9月29日に横浜高島屋店を含むKINEEL全店で発売します。累計130万個を販売しているKINEELの看板商品「ルフル」の初めての秋限定味。マロンクリームにラム酒を効かせて栗の風味を引き立たせ、モンブランを食べているかのような味わいです。見た目の可愛さと味わいの深さを楽しんでいただけます。

1番人気商品の「ルフル」初めての秋限定商品 

「KINEEL」のブランド設立(1号店は2015年)当初からの1番人気商品が「ルフル」です。花びら型の軽い口当たりのラングドシャに、ふんわりとしたクリームを入れています。見た目もかわいい焼き菓子です。ルフルシリーズは累計約130万個を販売いたしました。これまで定番の「ルフル バニラ」「ルフル 抹茶」に加え、夏限定「ルフル レモンココナッツ」、バレンタイン&ホワイトデー限定「ルフル ココアベリー」、冬~春限定「ルフル ベリーベリー」を販売してきました。今回、食欲の秋に華を添える秋限定味を提供します。提供期間は9月29日から11月末を予定しております。(販売終了日は変更の可能性有)

▲ルフル バニラ、抹茶、レモンココナッツ

 「ルフル マロン」は、口いっぱいに広がる栗の風味とラングドシャ生地のサクサク感が特徴です。トッピングされた渋皮栗がアクセントになり、秋らしさを感じる一品に仕上げました。

<商品情報>
・価格 : 8個入 1,566円、16個入 2,862円、24個入 4,320円(すべて税込)
・販売場所 : KINEEL全店(京都店、横浜高島屋店、日本橋三越店、東京ミッドタウン店、公式オンラインショップ)
・公式オンラインショップURL https://www.kineel.jp/f/shop/

▲8個入

▲16個入

▲24個入

一番の特徴は本格的な味わいと可愛い見た目

最大の特徴は本格的な味わいと可愛い見た目の両方をかね備えている点です。ラングドシャは平べったい丸型や四角いものはよく目にしますが、ルフルは花びらの形をしています。パッと見て「かわいい!」と思える点にこだわるKINEELならではだと言えるでしょう。花びらの形は手作業でしか表現できません。つぼみのような可愛らしい形は京菓子作りで培った技術があるからこそ実現できるものです。

 栗の濃厚な風味をクリームで表現するために、モンブランのようにラム酒を効かせたことで、見た目のかわいらしさから一転、味は本格的なスイーツと、そのギャップを楽しんでいただきたいと思います。

❑Spot Guide

名称】
KINEEL 横浜高島屋店
住所】
横浜市西区南幸1丁目 6−31 B1
電話】
045-320-9000
時間】
10:00-21:00
休日】

web】
https://www.kineel.jp/
Instagram】
https://
GoogleMap】

お客様の「お気に入り」となれるように「KINEEL」

株式会社鼓月が展開するブランド「KINEEL」は、お客様の「お気に入り」になれるようにという思いから命名しました。長年、京菓子をつくってきた経験と、磨き上げた技術を注入し、全国のお客様に深い味わいをお届けしています。2015年12月に京都市中京区の「京都店」1店舗からスタート。関東での「ルフル」催事販売などを経て、2020年12月に2店舗目「横浜髙島屋店」をオープンしました。今年7月に「日本橋三越本店」、同年8月に旗艦店となる初のカフェ併設店舗「東京ミッドタウン店」と展開してきました。

▲東京ミッドタウン店外観

 「KINEEL」が多くの方に知っていただけたのは、看板商品「ルフル」の存在のおかげだと言っていいでしょう。東京に旗艦店をオープンして初めて迎える秋、あらためて「京都らしさである季節ごとの味わいをお客様にお届けする」というコンセプトで、看板商品である「ルフル」の秋限定味をお届けします。今後も京都らしい季節の移ろいが感じられる洋菓子を開発、販売していく予定です。

▲東京ミッドタウン店ディスプレイ

========================================

【株式会社鼓月について】
本社:〒612-8235 京都府京都市伏見区横大路下三栖東ノ口11-1
代表者:代表取締役社長 中西英貴
設立:1945年10月
電話番号:075-623-1651
URL:https://kogetsu-ec.com
事業内容:
・京菓子類、洋菓子類の製造
・直営店、百貨店インショップの運営

karahiro

.NEWS3サイトの発行元

広告収入目的のwebサイト乱立による情報過多や、ロシアによるウクライナ侵攻をきっかけに皆の目が“情報の出処”にも行く様になったでしょう

当サイトは「書き手がバイアスを掛ける事なく当事者が出した内容をそのままに」を理念としており、また以前熱海でカフェ店を運営していた際に感じた“情報に対する不正確さ不公平さ”を反面教師として発行を開始

当初はドメイン・サーバー代を賄う程度にAdSense広告を入れてたが仮に1円でも得ていたら説得力に欠けるし、自分の理念に時代が少しはマッチして来たかなと感じこれを契機に広告を全て撤廃し自信もって「金が目的ではない」を謡う

※詳細説明は個人blogにて

おすすめ記事