大画面でデザインや映像制作ができるカフェ「ディスプレイモニタの多い喫茶店」がみなとみらいに誕生!

UNI COFFEE ROASTERYを運営する株式会社GRACEは、みなとみらい駅直結のマークイズに、新しい形の喫茶店をオープンしました。自宅を第2のオフィス、カフェを第3のオフィスとして作業する人が増える中でも、大きい画面が必要なクリエイターの方々が、より作業がしやすい場所を目指しました。

  • 喫茶店で集中作業。

UNI COFFEE ROASTERYは、「ディスプレイモニタの多い喫茶店」をオープンしました。カフェで作業をする人は多いですが、ノートPCサイズでは作業がしづらい人々もいます。デザインやイラスト、映像制作などをするクリエイター。大画面の方が作業がはかどるエンジニアや、ビジネスパーソンなどです。主にこういった作業は、自宅やオフィス席でやり、カフェでは軽作業をするというのが常識でした。しかしコロナ禍でリモートワークが進み、働く場所が自由化している中で、もっと作業がしやすい場所が増えることは、良いことだと考えました。そこで、ディスプレイモニタを各席に常設し、キーボードも、マウスもいろんな種類の貸出があったり、細かく気を効かせた、クリエイターの皆さんに喜んで頂ける喫茶店をつくりました。

●公式サイト
https://displaymonitor-unicoffeeroastery.jp/

  • POINT1:大きな画面でPC作業ができる喫茶店

この喫茶店、一見するとふつうに素敵なアンティーク感のある喫茶店で、

大きなタイルアートがあったり、


名物のプリンがあったりしますが、

店の多くの席には、27インチのモニタが備えつけられています。

隣の席に人がいても気にならない高さ、作業をするのに充分な広さを確保。


制作の刺激になるよう、ビジュアルブックも、厳選してセレクト。


落ち着いた雰囲気の中で、ノートPCだけではやりにくい、ギュッとした集中作業が可能です。

  • POINT2:キーボードやマウスが借りられる喫茶店

また、モニタとPCをつなぐケーブルや、充電用のUSB-Cケーブルも机についているので多くのPCで、すぐ接続して、お使い頂けます。

キーボードやマウスも、Mac・Windowsともにそろえております。

モニタ席でない場所でも、すべてのコンセントには、USB充電の口がついています。制作に関わったクリエイターたちが、「自分達がこんな店があったら神!」と思えるものをふんだんに取り入れた店になりました。

  • POINT3:こだわりの珈琲、かわいいクリームソーダ

そしてこだわったのは、「ビジネス感のあるコワーキングオフィス」にはしないこと。あくまで喫茶店としての雰囲気を保ちつつ、作業もしやすいバランスのお店を目指しました。当然、喫茶店として、おいしい珈琲やエスプレッソ、

パチパチが入った、名物のクリームソーダ。

スイーツやフードメニューもご用意しております。

  • POINT4:喫茶Slack

さらに、「ディスプレイモニタの多い喫茶店」の専用オンラインサロンを、Slackで開設。(参加無料)お店に行く前に、空席の確認。貸出備品の追加リクエスト。お店の新着情報、常連さんのクリエイター同士がつながる場所など、クリエイターが集まる喫茶店だからできるサロンの形を目指してます。常連の皆様にとって、より便利な場所にしたいと思います。

●喫茶Slackの参加はこちらから
https://join.slack.com/t/ucr-markis/shared_invite/zt-z9oz13z7-s_WMIXWMyW2FoOGr9cXk3g&sa=D&source=editors&ust=1638961488999000&usg=AOvVaw1NLUr5KQEHIUsQZaBZJquE

ディスプレイモニタの多い喫茶店

〒220-0012
神奈川県横浜市西区みなとみらい3丁目5−1マークイズみなとみらい地下4階B410区
https://goo.gl/maps/Fciw6wBShxn1BvDg6
●みなとみらい駅(みなとみらい線)直結
●桜木町駅(JR・市営地下鉄)から「動く歩道」を利用し、徒歩8分

TEL:050-3623-2772
OPEN 7:00 — 20:00

公式サイト
https://displaymonitor-unicoffeeroastery.jp/

karahiro

.NEWS3サイトの発行元

広告収入目的のwebサイト乱立による情報過多や、ロシアによるウクライナ侵攻をきっかけに皆の目が“情報の出処”にも行く様になったでしょう

当サイトは「書き手がバイアスを掛ける事なく当事者が出した内容をそのままに」を理念としており、また以前熱海でカフェ店を運営していた際に感じた“情報に対する不正確さ不公平さ”を反面教師として発行を開始

当初はドメイン・サーバー代を賄う程度にAdSense広告を入れてたが仮に1円でも得ていたら説得力に欠けるし、自分の理念に時代が少しはマッチして来たかなと感じこれを契機に広告を全て撤廃し自信もって「金が目的ではない」を謡う

※詳細説明は個人blogにて

おすすめ記事