TICAD7開催に合わせ桜木町駅前広場にアフリカ原産のインパチェンス・ガザニア・ケイトウ・ペンタスの花苗が仲間入り!

2019.8/28(水) – 30(金)まで「第7回アフリカ開発会議(TICAD7)」が横浜で開催されます。TICAD7の開催に合わせ、現在桜木町駅前広場で行っている植栽の花の種類をアフリカ原産の花苗(4種)で植付を行ったと、 一般社団法人横浜みなとみらい21 がリリースしました。

プレスリリースより

アフリカ開発会議とは

アフリカ開発会議(アフリカかいはつかいぎ、英語: Tokyo International Conference on African Development:TICAD、アフリカ開発における東京国際会議)とは、日本が主催する、アフリカの開発をテーマとする国際会議。 日本政府が国際連合、国際連合開発計画、アフリカ連合委員会、世界銀行との共催で開催する。3年に初めて開催された。TICAD閣僚レベル会合なども経て、2013年までは5年ごと、それ以降は3年ごとに会議が行われている。

Wikipediaより

植付を行ったアフリカ原産の花苗

日本でも馴染みのある「インパチェンス」「ガザニア」「ケイトウ」「ペンタス」の4種類。

漢字で鶏頭と書く「ケイトウ」もアフリカ原産だったとは!どうやら日本には奈良時代に中国を経由して渡来したとか…。

奈良時代と言えば710年~794年、そんな古の時代か

らアフリカを故郷とする花が日本に渡ってきて人々の目を楽しませていたとはビックリです。

リリースより

次回の花の植替えは2019.9/20前を予定してるとの事で、次回はラグビーW杯開催に合わせて桜木町駅前広場の植栽を行うそうです。

karahiro

.NEWS3サイトの発行元

広告収入目的のwebサイト乱立による情報過多や、ロシアによるウクライナ侵攻をきっかけに皆の目が“情報の出処”にも行く様になったでしょう

当サイトは「書き手がバイアスを掛ける事なく当事者が出した内容をそのままに」を理念としており、また以前熱海でカフェ店を運営していた際に感じた“情報に対する不正確さ不公平さ”を反面教師として発行を開始

当初はドメイン・サーバー代を賄う程度にAdSense広告を入れてたが仮に1円でも得ていたら説得力に欠けるし、自分の理念に時代が少しはマッチして来たかなと感じこれを契機に広告を全て撤廃し自信もって「金が目的ではない」を謡う

※詳細説明は個人blogにて

おすすめ記事