横浜駅東口徒歩2分「アソビル」にビジネスマンのためのコワーキングスペース「横浜ワークスペース」がオープン

株式会社ドーモでは、6月1日(水曜日)、横浜駅東口徒歩2分の「アソビル」4Fに、ビジネスマンのためのコワーキングスペース「横浜ワークスペース」をオープンします。注目は、横浜駅2分という近距離に加え、ビジネスのための設備が充実しているという点。最大10名まで利用できるテレビ会議室や完全個室型のテレビ会議ブース、モニターの無料貸出などを充実させました。またビジネスユースながら、リーズナブルな利用料金にも注目です。

■テレワークのための「集中スペース」が誕生!

「横浜ワークスペース」では、駅2分という便利な位置を生かし、テレワークビジネスに必要な利便性を考えた設備を充実させました。

1. 駅至近2分だから、利用に便利です。

「横浜ワークスペース」は、横浜駅のみなみ東口改札より、徒歩わずか2分。駅至近だから、通いもカンタン、食事、買い物、別の場所での打ち合わせなど、どこへ行くにも、なにをするにも便利な場所にあります。また雨にも濡れません。ビジネスユースに最適な場所としてご注目ください。

2. テレワークに欲しい設備が充実

テレワークが定着しはじめてきました。「横浜ワークスペース」では、ビジネスマンにとって必要な機能を考え、下記の設備とサービスを用意しています。またコンシェルジュのスタッフがみなさまのお仕事をサポートさせていただきます。

・広い机と、全席32席のワークスペース

・6名~10名が利用可能な大型テレビ会議室2部屋。

・完全個室

・半個室のテレビ会議ブース5つ

・PCモニター

・ディスプレイの無料貸出

・テレビ会議用

・55インチ大型ディスプレイ

・ホワイトボードの無料貸出

・常駐のコンシェルジュがサービス

※写真は、旧スペースです。

3. 各種セミナー開催・デジタルに強くなれる

「横浜ワークスペース」には、デジタル人材を育成するWEBスクールの「デジタルハリウッドSTUDIO横浜」が併設されています。ここではWEBデザイン、動画制作、グラフィックなどのクリエイティブスキルが中心ですが、WEBマーケティングに不可欠なウェブ解析士およびSNS運用マネジャーなどの講座・試験を行っています。加えて、セミナーとして、SEO講座やメルマガ作成講座など、SNS運用方法など。またパラレルキャリア研究所の協力を得て、転職希望者向けの副業支援講座やスキルアップ講座を企画開催しています。

■利用料金表

<月額利用プラン>

1. オープンパスポート:17,600円(税込)

※いいオフィス横浜byアソビルを使い放題プラン

2. プレミアムパスポート:22,000円(税込)

※全国のいいオフィスを使い放題プラン

<ドロップイン利用>

1時間利用:660円(税込)

2時間利用:1,100円(税込)

4時間利用:1,650円(税込)

1DAY利用 :2,200円(税込)

■営業時間

月曜日~金曜日 10:00~19:00

土曜日 11:00~19:00

日曜・祝日は定休日

■ビジネスなのにカジュアル空間

「横浜ワークスペース」のあるアソビルは、B1から屋上まで全6フロアに様々な施設が存在しています。例えば、1FやB1では15店~の飲食スポットやバーがあり、食事はもちろん、すぐに仲間と会合に利用できます。3Fにはサバイバルゲームやeスポーツ、屋上ではスポーツコートと、リフレッシュには最適です。現在「横浜ワークスペース」では、アソビル内の施設を利用しやすいように特別割引サービスなどを準備中です。

所在地 : 〒220-0011 神奈川県横浜市西区高島2-14-9 アソビル4F

電話番号: 045-594-8319

HP : https://school.domore.co.jp/coworking/

<新規入会キャンペーン>

今なら、月額料金 30%oFF(12,320円)!

▼詳しくはこちらから

https://onl.la/jKMjYRk

▼お試し1日券をプレゼント中!

https://www.domore.co.jp/yokohama/coworking/1daypass_02.png

sauce:@Press

karahiro

.NEWS3サイトの発行元

広告収入目的のwebサイト乱立による情報過多や、ロシアによるウクライナ侵攻をきっかけに皆の目が“情報の出処”にも行く様になったでしょう

当サイトは「書き手がバイアスを掛ける事なく当事者が出した内容をそのままに」を理念としており、また以前熱海でカフェ店を運営していた際に感じた“情報に対する不正確さ不公平さ”を反面教師として発行を開始

当初はドメイン・サーバー代を賄う程度にAdSense広告を入れてたが仮に1円でも得ていたら説得力に欠けるし、自分の理念に時代が少しはマッチして来たかなと感じこれを契機に広告を全て撤廃し自信もって「金が目的ではない」を謡う

※詳細説明は個人blogにて

おすすめ記事