横浜市がドコモバイクシェア・OpenStreetと横浜市広域でシェアサイクル事業の社会実験を開始!!

横浜市は、地域の移動手段としての自転車の役割の拡大や自転車通勤の更なる普及を見据え、横浜市自転車活用推進計画の「いかす」施策に基づき、公共交通の機能補完等を目的とした横浜市広域でのシェアサイクル事業社会実験の協働事業者としてOpenStreet株式会社及び株式会社ドコモ・バイクシェアと6月10日に協定を締結し、社会実験を実施します。

事業目的

  1. 地域住民等の多様な移動ニーズに対応し、公共交通の機能補完として日常生活の移動手段の確保と移動の選択肢を増やすことで、生活の質の向上を図る。
  2. 市内利用者の移動回数の増加により地域の活性化に貢献する。
  3. マイカー移動からの転換により環境負荷を軽減し、脱炭素社会の形成を推進する。
  4. シェアサイクル利用者を増やすことで、アプリケーション等を通した自転車を利用する際の交通ルール等の更なる周知啓発を行う。
  5. 本格実施段階における公有地利用料等の事業者一部負担に向けて、公民連携により事業採算性の向上を図る。

実施期間

2022年4年6月10日(金曜日)から2025年3月31日(月曜日)まで(3か年)

実施体制

横浜都心部区域(ベイバイク実施エリア)を除く市内を3つの区域(うち7区は重点展開区として先行的に事業展開)に分け、下図の体制で事業を実施します。

社会実験の主な役割分担

横浜市
 ・社会実験全体の総括
 ・公有地サイクルポート用地の調整・確保
 ・関係事業者との調整
 ・市民への周知・広報・


 ・交通安全啓発の実施
 ・民有地サイクルポート設置協力者の募集・紹介
 ・社会実験の効果検証 等

事業者
 ・サイクルポート等の施設整備、維持管理及び原状回復
 ・事業の運営全般
 ・公有地以外でのサイクルポート用地の調整・確保
 ・広報、利用者への周知等
 ・各種データの本市への提供
 ・利用者アンケートの実施
 ・交通安全啓発の実施 等

sauce:PressRelease(横浜市ドコモバイクシェアOpenStreet)

karahiro

.NEWS3サイトの発行元

広告収入目的のwebサイト乱立による情報過多や、ロシアによるウクライナ侵攻をきっかけに皆の目が“情報の出処”にも行く様になったでしょう

当サイトは「書き手がバイアスを掛ける事なく当事者が出した内容をそのままに」を理念としており、また以前熱海でカフェ店を運営していた際に感じた“情報に対する不正確さ不公平さ”を反面教師として発行を開始

当初はドメイン・サーバー代を賄う程度にAdSense広告を入れてたが仮に1円でも得ていたら説得力に欠けるし、自分の理念に時代が少しはマッチして来たかなと感じこれを契機に広告を全て撤廃し自信もって「金が目的ではない」を謡う

※詳細説明は個人blogにて

おすすめ記事