横浜赤レンガ倉庫で9/13から「岡部文明2019展」ラグビー精神で愛と平和の象徴を描く

横浜赤レンガ倉庫1号館の2階スペースで、2019.9/13(金) – 11/3(日)まで岡部文明2019展 -「ラグビー精神」で、愛と平和の象徴を描く – が開催されます。

岡部文明2019展に寄せて
〜ピエロから愛と平和のメッセージ〜


人間とは何か、幸せとは、共存共生、人間らしく生きるとは何か―。
長年のテーマとして選んだピエロの世界は奥深く、時代が移り変わる中で答えを探しながら描き進めてきましたが、一生のテーマとして終わることはありません。
この展覧会は、2019年に日本で開催されるラグビーワールドカップに合わせて開催されます。岡部文明がいかにしてラグビーから芸術の世界に飛び込んだのか、絵の中に登場するピエロたちが静かに語ることでしょう。ご来場された皆様に、53年の軌跡から何かを感じとっていただければ幸いです。
多くの方々の惜しみない支持と賛同の中での理解を得て、横浜赤レンガ倉庫1号館での開催が実現しました。これまでにご尽力いただきました関係者の方々に、心から厚く感謝申し上げます。

画家 岡部文明

岡部文明(おかべ ぶんめい)
画家  1948年11月、福岡県生まれ。ラグビーに打ち込んでいた福岡工業高2年時、岐阜国体の練習中に負傷し、両手両足の自由を失う。入院生活を強いられたが、ニュージーランド学生代表(NZU)の見舞いを受けて奮起。曲折を経て画家を志し、ピエロを終生のテーマとする。ピエロやサーカスを訪ねて世界を旅し、国内外で個展を開催。岐阜県芸術文化顕彰特別賞、第82回独立展芝田米三賞などを受賞している。

岡部文明2019展
― 「ラグビー精神」で、愛と平和の象徴を描く―

BUNMEI OKABE 2019 Art Exhibition
―Art for Love and Peace with Spirit of Rugby―

会期
2019.9/13(金) – 11/3(日)
※会期内無休
入場料
無料
会場
横浜赤レンガ倉庫1号館 2Fスペース
開館時間
11:00-16:30
主催
岡部文明2019展実行委員会共催神奈川県、横浜市、横浜赤レンガ倉庫1号館(公益財団法人横浜市芸術文化振興財団)
後援
ラグビーワールドカップ2019組織委員会、日本ラグビーフットボール協会、神奈川県ラグビーフットボール協会、横浜市ラグビーフットボール協会、神奈川県教育委員会、横浜市教育委員会、神奈川新聞社、テレビ神奈川
お問い合わせ
岡部文明2019展実行委員会事務局
TEL:045-663-9151

karahiro

.NEWS3サイトの発行元

広告収入目的のwebサイト乱立による情報過多や、ロシアによるウクライナ侵攻をきっかけに皆の目が“情報の出処”にも行く様になったでしょう

当サイトは「書き手がバイアスを掛ける事なく当事者が出した内容をそのままに」を理念としており、また以前熱海でカフェ店を運営していた際に感じた“情報に対する不正確さ不公平さ”を反面教師として発行を開始

当初はドメイン・サーバー代を賄う程度にAdSense広告を入れてたが仮に1円でも得ていたら説得力に欠けるし、自分の理念に時代が少しはマッチして来たかなと感じこれを契機に広告を全て撤廃し自信もって「金が目的ではない」を謡う

※詳細説明は個人blogにて

おすすめ記事