地球一周中のノルウェー大型帆船『スターツロード・レムクル号』が横浜港(横浜ハンマーヘッド)に9/12~15に寄港!!アジア初の寄港国となる日本へ

ノルウェー大使館は、国連の定めた「海洋科学の10年」の取組みの一環として19か月をかけて地球を一周する航海「ワン・オーシャン・エクスペディション」に出発した『ターツロード・レムクル号』が2022年9月12日から10月7日にかけて、横浜、那覇、石垣に寄港する事をリリースしました。持続開発な可能のために海洋が果たす重要な役割について伝えます。

帆船スターツロード・レムクル号と「ワン・オーシャン・エクスペディション」

2021年から2030年は国連の定めた「持続可能な開発のための国連海洋科学の10年」に当たります。ノルウェーの大型帆船《スターツロード・レムクル号》はこれを掲げて2021年8月にノルウェーを出発しました。2023年4月の航海終了までに55000海里を航行して世界36港を訪問、9月の横浜寄港によりアジアの国に初めて到達することになります。この地球一周の旅が「ワン・オーシャン・エクスペディション」です。航海の目的は、持続可能な開発における海洋の重要な役割を伝えることです。船には十分な研究設備が備わっており、航海を通じて、若者、科学者、国際的なリーダーが協力し、教育、科学、技術などの分野で海に関する新しい知識を構築していきます。

《スターツロード・レムクル号》日本でのスケジュール

  • 2022年9月12日(月)~15日(木):横浜港(横浜ハンマーヘッド)
  • 2022年9月24日(土)~28日(水):那覇港
  • 2022年10月1日(土)~7日(金):石垣港


横浜滞在中には、SDGsのテーマに沿って海洋科学への関心を喚起するためのビジネス・学術セミナーなど、関係者向けのイベントのほか、9月13日(火)には、海洋・極地研究の一般むけプレゼンテーションを行う「オープンシップ」も予定しています。詳細は8月中旬にお知らせする予定です。各港の間の航行では、リーダーシップやサステナビリティに関するセミナーや講座のために、企業や学術機関が船をチャーターします。日本滞在を終え石垣を出港したあと、船はフィリピンの首都マニラに向かいます。

官民が協力、SDGsへのコミットメント

「ワン・オーシャン・エクスペディション」は、ノルウェー政府、ユネスコ、ユニセフ、ノルウェー国内外の大学や海洋研究機関などの協力のもと実施されています。また、多くの商業パートナーが、直接的な資金提供や現物支給、あるいは特定の区間の協力にあたるパートナーとして参加している大規模なプロジェクトです。日本へ寄港するスターツロード・レムクル号には、ノルウェー、日本、太平洋諸国、その他数ヶ国の乗組員と研究者が乗船し、パラオから共に日本海域を目指します。これは海洋における持続可能な開発目標(SDGs)への私たち共通のコミットメントの表われです。 スターツロード・レムクル号の横浜、那覇、石垣への寄港をぜひお楽しみに!

関連リンク

∇駐日ノルウェー大使館
・「ワン・オーシャン・エクスペディション」概要紹介ページ:

https://www.norway.no/ja/japan/norway-japan/news-events/news/35/

・ウェブサイト:https://www.norway.no/ja/japan/
・Twitter: https://twitter.com/NorwayinJapan
・Facebook: https://www.facebook.com/norembtokyo
・Instagram: https://www.instagram.com/norwayinjapan/

∇ワン・オーシャン・エクスペディション(英語)
https://oneoceanexpedition.com/one-ocean-expedition-circumnavigation-statsraad-lehmkuhl

∇スターツロード・レムクル号(英語)
https://lehmkuhl.no/en/

∇「持続可能な開発のための国連海洋科学の10年」ウェブサイト(英語)
https://www.oceandecade.org/

お問合せ先

ノルウェー大使館広報部
emb.tokyo.info@mfa.no

sauce:PressRelease(ノルウェー大使館)

karahiro

.NEWS3サイトの発行元

広告収入目的のwebサイト乱立による情報過多や、ロシアによるウクライナ侵攻をきっかけに皆の目が“情報の出処”にも行く様になったでしょう

当サイトは「書き手がバイアスを掛ける事なく当事者が出した内容をそのままに」を理念としており、また以前熱海でカフェ店を運営していた際に感じた“情報に対する不正確さ不公平さ”を反面教師として発行を開始

当初はドメイン・サーバー代を賄う程度にAdSense広告を入れてたが仮に1円でも得ていたら説得力に欠けるし、自分の理念に時代が少しはマッチして来たかなと感じこれを契機に広告を全て撤廃し自信もって「金が目的ではない」を謡う

※詳細説明は個人blogにて

おすすめ記事