今日から横浜川崎エリアでスーパーマーケット『そうてつローゼン』の商品をフードデリバリーサービス「menu」で注文&受け取り開始!!

フードデリバリー・テイクアウトサービス「menu」では、「そうてつローゼン」の商品を2022年7月29日(金)より横浜・川崎エリアで提供を開始します。

「そうてつローゼン」は神奈川県内の相模鉄道、小田急電鉄沿線を中心に地域の皆様のゆたかな生活づくりを目指して食料品、衣料品、家庭用品等を販売するスーパーマーケットです。1店舗あたり約4,000品目の商品をアプリ上からご注文いただくことが可能になりました。ぜひこの機会に、豊富なラインナップの「そうてつローゼン」の商品をmenuでお楽しみください。

そうてつローゼンmenuデリバリーサービス概要

・提供開始日時
2022年7月29日(金)
・配送対応時間
11:00~17:00(梶ヶ谷店は16:00まで)※営業時間外の店舗のデリバリーは不可となっております。
・取り扱い商品数
約4,000品目
・主な商品
野菜、果物、鮮魚、精肉、パン、飲料、調味料、菓子など
・取り扱い店舗
オルト新子安店(横浜市神奈川区)、塚越店(川崎市幸区)、梶ケ谷店(川崎市高津区)※詳細はmenuアプリ内からご確認ください

「そうてつローゼン」登場記念!1,500円分クーポン配布キャンペーン実施

サービス開始を記念して、7月29日(金)~8月2日(火)までの期間限定でmenuアプリのキャンペーンページに記載のmenuクーポンコードを入力いただくと、8月7日(日)まで使用できる1,500円分のクーポンをプレゼントいたします。詳細はmenuアプリから確認ください。

注意事項
※本キャンペーンは「そうてつローゼン」の商品をデリバリー注文された方が対象となっております。
※デリバリー注文金額が 1,500円以上から利用できます。なお、配達料、チップ、応援金は商品代金に含まれません。
※他クーポンとの併用はできません。
※今後クーポンの条件は変更になる可能性があります。詳細はmenuアプリからご確認ください。

「menu」 × 「auスマートパスプレミアム」で何度でも配達料無料

「auスマートパスプレミアム」に加入していただいている方は、身近なお店や有名店・人気店の味を自宅や社内で手軽に楽しむことができるデリバリー・テイクアウトアプリ「menu」を、デリバリー注文額や回数に関係なく、少額から何度でも配達料無料でご利用できます。(※至高の銘店サービスの予約注文にかかる「銘店サービス料」のみ対象外です)「auスマートパスプレミアム」は、スマホライフを充実させるおトクなクーポンをはじめ、映像・音楽・書籍などのエンタメデジタルコンテンツや便利なアプリ、あんしんのスマホサポートなどを月額情報料548円/初回30日無料でご利用いただけるサービスです。(auに限らずすべてのキャリアのお客さまが利用可能)

▼「auスマートパスプレミアム」でできること
[1]「au PAY マーケット」でおトク (ポイント還元/送料無料) なお買い物
[2]コンビニやファストフード店、飲食店など、街で使える無料クーポン/割引
[3]映画館での鑑賞料金などの割引
[4]映像 (ドラマ/アニメ/映画)、音楽、書籍 (雑誌/マンガ)、ライブの主要エンタメが楽しめるコンテンツ
[5]データ復旧サポート、データお預かりなどの安心サポート/ウイルスバスターでウイルスや不正サイトブロック

「auスマートパスプレミアム」と「menu」を通して、おうち時間をより楽しく・美味しく・おトクにお過ごしください。
※表記の金額は、特に記載のある場合を除き全て税込です。

概要

展開エリア    :33都道府県(デリバリー)
加盟店舗数    :約87,000店舗 ※2022年7月時点
アプリダウンロード料金:無料
アプリダウンロードURL:
https://menu.onelink.me/MWIV?pid=PR_release&c=202111_idolmaster-millionlive&af_adset=general&af_dp=co.tapgo.user%3A%2F%2Fkarte.io
対応OS        :iOS/Android

sauce:

karahiro

.NEWS3サイトの発行元

広告収入目的のwebサイト乱立による情報過多や、ロシアによるウクライナ侵攻をきっかけに皆の目が“情報の出処”にも行く様になったでしょう

当サイトは「書き手がバイアスを掛ける事なく当事者が出した内容をそのままに」を理念としており、また以前熱海でカフェ店を運営していた際に感じた“情報に対する不正確さ不公平さ”を反面教師として発行を開始

当初はドメイン・サーバー代を賄う程度にAdSense広告を入れてたが仮に1円でも得ていたら説得力に欠けるし、自分の理念に時代が少しはマッチして来たかなと感じこれを契機に広告を全て撤廃し自信もって「金が目的ではない」を謡う

※詳細説明は個人blogにて

おすすめ記事