横浜市交通局オリジナルWi-Fi 「Yokohama Transportation Free Wi-Fi」8/28から市営地下鉄全駅構内でサービス開始!

2019.4月から市内の観光地を運行するバス車内で導入している、無料で使える交通局オリジナルWi-Fi「Yokohama Transportation Free Wi-Fi」。市営地下鉄のすべての駅構内でも明日2019.8/28(水)からサービスを開始します。

ラグビーワールドカップ 2019日本大会で訪れる訪日外国人や、横浜を観光で訪れる方々、また通勤・通学等でのご利用者も含め、すべての利用客へ無料Wi-Fiを提供し、バス・地下鉄の利便性を高めるとの事です。

1 サービス名称
 Yokohama Transportation Free Wi-Fi
 (SSID:YokohamaTransportation_FreeWi-Fi)

2 サービス開始
 2019.8/28(水)

3 ご利用方法
 ・スマホ等のWi-Fi設定画面で交通局オリジナルWi-Fi(SSID)を選択すると、ログインページが開きます。
 ・SNSのアカウントやメールアドレスによりログインできます。
 ・市営交通をご利用の際に、誰でも無料で利用可能。
 ・1回あたり30分で1日7回まで。

4 サービス提供開始場所
 ・横浜市営地下鉄ブルーライン・グリーンラインのすべての駅構内
 ※電波が繋がりにくい場所もございます。ステッカー貼付け場所付近でご利用ください。地下鉄車内ではご利用できません。

5 Wi-Fiへの接続に関するお問合せ先
 株式会社ワイヤ・アンド・ワイヤレス Wi2カスタマーセンター
 TEL:0120-858-306  10時~19時まで(年中無休)※日本語のみの対応

karahiro

.NEWS3サイトの発行元

広告収入目的のwebサイト乱立による情報過多や、ロシアによるウクライナ侵攻をきっかけに皆の目が“情報の出処”にも行く様になったでしょう

当サイトは「書き手がバイアスを掛ける事なく当事者が出した内容をそのままに」を理念としており、また以前熱海でカフェ店を運営していた際に感じた“情報に対する不正確さ不公平さ”を反面教師として発行を開始

当初はドメイン・サーバー代を賄う程度にAdSense広告を入れてたが仮に1円でも得ていたら説得力に欠けるし、自分の理念に時代が少しはマッチして来たかなと感じこれを契機に広告を全て撤廃し自信もって「金が目的ではない」を謡う

※詳細説明は個人blogにて

おすすめ記事