パシフィコ横浜ノースの開業がが4/24に決定!ケータリングサービスはホテル2社にてスタート

横浜市は、パシフィコ横浜の隣接地に、新たなMICE施設である「パシフィコ横浜ノース(正式名は横浜みなとみらい国際コンベンションセンター)」の整備をしており、 開業日が2020年4月24日(金)に決定しました。またそれに伴い同日記念式典を行います。

改めてMICEとは

MICEとはMeeting(会議・研修)、Incentive(招待旅行、travel, tour)、Conference(国際会議・学術会議)またはConvention、Exhibition(展示会)またはEventの4つの頭文字を合わせた言葉であり、国際会議や総会・学会、展示会・見本市・イベントなど、観光および旅行の観点から着目した総称で、「ビジネスイベンツ」とも呼ばれ 一般的な観光旅行より経済波及効果が大きく、ビジネス・イノベーションの機会を創造し、国・都市の競争力を向上させる効果があるとされている。統合型リゾートの核となる施設群です。

国内最大規模

多目的ホールは国内最大規模約6,300 ㎡もあり、海外の先進的MICE施設のバンケットルームに倣っており、大中小42室の会議室と併せて、3,000 名規模の会議が開催できます。

多くの国賓やVIPなどを迎えて来た実績とともに、宗教や文化への配慮など多様なニーズにも柔軟に対応出来る、ホテルのハイグレードな飲食サービスを提供してくれます。

『パシフィコ横浜ノース』では、従来より提携してまいりました『ヨコハマ グランド インターコンチネンタル ホテル』に加え、新たに『横浜ロイヤルパークホテル』からもケータリングサービスの提供を受ける事が可能になったそうです。

そしてパシフィコ横浜ノースが誕生することにより、パシフィコ横浜は国内最大の大型会議施設となります。

記念式典(一般公開なし)

4月24日の開業日に記念式典が行われますが、こちらは一般公開はしないとの事です。

式典詳細

(1) 開催日 令和2年4月 24 日(金)
(2) 開催場所 パシフィコ横浜ノース 多目的ホール
(3) 主催 横浜市・パシフィコ横浜(株式会社横浜国際平和会議場・運営事業者)

karahiro

.NEWS3サイトの発行元

広告収入目的のwebサイト乱立による情報過多や、ロシアによるウクライナ侵攻をきっかけに皆の目が“情報の出処”にも行く様になったでしょう

当サイトは「書き手がバイアスを掛ける事なく当事者が出した内容をそのままに」を理念としており、また以前熱海でカフェ店を運営していた際に感じた“情報に対する不正確さ不公平さ”を反面教師として発行を開始

当初はドメイン・サーバー代を賄う程度にAdSense広告を入れてたが仮に1円でも得ていたら説得力に欠けるし、自分の理念に時代が少しはマッチして来たかなと感じこれを契機に広告を全て撤廃し自信もって「金が目的ではない」を謡う

※詳細説明は個人blogにて

おすすめ記事