市民参加型の公開避難訓練『パシフィコ横浜 避難訓練コンサート』

今回で2回目となる市民参加型の公開避難訓練『パシフィコ横浜 避難訓練コンサート』が2020年1月31日に開催されます。


避難訓練コンサートでは、パシフィコ横浜会議センターのメインホールを会場に、横浜市消防音楽隊の公演中に災害が発生したことを想定し、パシフィコ横浜のスタッフの誘導により、来場者の方や出演者の方もホールの外に実際に避難していただく、本番さながらの訓練を実施します。
年間約1,000件のイベントが開催され約400万人以上が来場するパシフィコ横浜では、いつ起こるかわからない災害に備えて、毎年、社員・スタッフで構成された自衛消防隊による「避難訓練」を行い、安全・安心にご利用いただける施設の提供を目指しております。『パシフィコ横浜 避難訓練コンサート』の開催を通じ、お客様にも実際に訓練にご参加いただくことで、ともに防災の意識を高める機会としてまいります。 皆様のご参加をお待ちしております。(参加費無料・事前登録不要)

開催概要

【日    時】2020年1月31日 14:00 – 15:30(13:30 開場 14:00 開演)
【会    場】会議センター1階 メインホール
【出    演】横浜市消防音楽隊 (通常演奏及びドリル演奏)
【募集人数】300名程度(事前申し込み不要)
【参 加 費 】 無料
【内      容】コンサート開催中に地震が発生という想定でお客様や演奏者もスタッフの誘導でホール外に避難します。訓練終了後は席に戻り演奏を観覧可。
【注意事項】1.荒天などにより開催中止の場合有り。
                 2.写真撮影・録音・録画等は不可。
                   3.プログラム進行上の都合により、定刻までの入場。
【お問い合わせ】パシフィコ横浜 総合案内 045-221-2155 (9:00~18:00)

karahiro

.NEWS3サイトの発行元

広告収入目的のwebサイト乱立による情報過多や、ロシアによるウクライナ侵攻をきっかけに皆の目が“情報の出処”にも行く様になったでしょう

当サイトは「書き手がバイアスを掛ける事なく当事者が出した内容をそのままに」を理念としており、また以前熱海でカフェ店を運営していた際に感じた“情報に対する不正確さ不公平さ”を反面教師として発行を開始

当初はドメイン・サーバー代を賄う程度にAdSense広告を入れてたが仮に1円でも得ていたら説得力に欠けるし、自分の理念に時代が少しはマッチして来たかなと感じこれを契機に広告を全て撤廃し自信もって「金が目的ではない」を謡う

※詳細説明は個人blogにて

おすすめ記事